• トップ

語学学校で英語を学ぶ為の国選び

英語の語学学校の国選びではここ

語学学校を国際的な視野で選ぶ

21世紀の現在英語は、外国語というより世界の人たちの共通言語である国際語といった認識で捉えるひとが日本でも増えてきました。そんな語学学校の国選びが気になるところで、英語圏では依然として国際的な感覚が身に付くアメリカやオーストラリアが人気ですが、特に日本人が多いのがカナダです。また、ヨーロッパでは美しい英語の発音が身に付くといわれるイギリス、フレンドリーな国民性でお喋り好きなひとが多いアイルランドの語学学校も人気です。国選びの中にはコスト的な部分を重視するひともいて、アジアではフィリピンやマレーシアも人気ですが、穴場はマルタです。マルタでは、家賃が日本の半分以下でアパートを借りることができ、語学学校もヨーロッパからの留学生が多いのも魅力といえるでしょう。ある程度日常会話レベル話せるひとであれば、非英語圏の国選びもひとつの選択肢です。特に欧米人の旅行者が中長期滞在しているところでは、会話のチャンスも多く地元の若い人たちが通っている語学学校へ行き、そのまま東南アジアで仕事を見つけるひとも多いほどです。国選びで地域を少し絞ってみるとタイのチェンマイ、インドネシアのバリ島、カンボジアのシュムリアップの語学学校が人気で、現地でアパートを借りて部屋の中でBBC NEWSを聴き、英字新聞を買って集中的に勉強しながら空いた時間では欧米人と積極的に会話を楽しみます。ただ、完全にネイテイブの多いところが英語脳を作りやすいので、初心者のひとには矢張り欧米がおすすめといえるでしょう。

↑PAGE TOP